トヨタ 新車情報

【2022年最新】新型ヴォクシーの納期情報を紹介!

Avatar photo

Nuwa

新潟県在住のライター。本業であるトラックドライバーの合間にコソコソ文章を書いています。読者の皆様の「知りたい」をわかりやすい記事にしてお届けします。

2022年1月にトヨタから新型ヴォクシーが発売されました。

 

新型ヴォクシーの購入を検討している方にとって最新の納期情報は気になるところではないでしょうか。

特にヴォクシーは発売当初から納期の遅延が発生するなど、不安に思う部分があるでしょう。

また、半導体不足や工場の稼働停止などが影響し、納期遅延を避けることが難しい状況にあります。

 

そこで、今回は新型ヴォクシーの最新の納期情報を紹介していきます。

 

新型ヴォクシーとは?

新型ヴォクシーは先代モデルより大幅な改良が加えられて2022年1月にデビューしました。

デビュー前から幅広く話題となっており、見た目や金額、グレード展開など、さまざまな予想がされていました。

 

本メディアでもデビュー前に新型ヴォクシーとノアに関する記事をリリース。

新型ノア&ヴォクシーを徹底分析!気になるスペックを大公開!

フルモデルチェンジしたトヨタの新型ノア&ヴォクシーは2022年の初頭にリリース予定です。 ノア&ヴォクシ ...

続きを見る

 

多くの人が関心をもっていたように思います。

 

新型ヴォクシーはファミリーカーとして高い人気を誇り、初代モデルが発売されてから長年売れ筋モデルとしてトヨタを牽引してきました。

車内スペースが広く、買い物や送迎などの普段使いが良いのが魅力的。

さらに、旅行やアウトドアにも使い勝手が良い車だといえるでしょう。

 

新型ヴォクシーは室内空間が従来よりもさらに広くなったのも特徴の一つ。

室内は運転のしやすさと見通しの良さにこだわって設計されており、ドライブに安心感をもたらしてくれます。

 

また、高度な運転支援技術にも注目したいところ。

ヴォクシーにはスイッチ一つで簡単に駐車を支援してくれる機能が先代モデルから備わっていました。

しかし、新型ヴォクシーでは機能が進化し、バック駐車のみでなく前向き駐車、バック出庫、前向き出庫までを車がサポートしてくれます。

そのため、並列駐車が苦手な方も安心できるでしょう。

 

さらに、安全性能も進化しているのが新型ヴォクシーの特徴。

レーダーとカメラによる歩行者や自転車、車両の検出システムが走行の安全性を高めます。

衝突回避や被害軽減をサポートしてくれるのは安心感をもたらしてくれます。

 

昨今のトヨタ車はToyota Safety Senseが標準装備されているので、従来モデルよりもはるかに安全性が高くなっています。

今後も新型ヴォクシーの人気が高まっていくことが予想されており、納期にも影響してくるでしょう。

 

新型ヴォクシーの納期は?

新型ヴォクシーは発売後、長納期が噂されていました。

そのため、新型ヴォクシーの購入を検討している方は不安に思うかもしれません。

 

新型ヴォクシーの最新納期はガソリン車で4~5ヶ月、ハイブリッド車で6ヶ月~7ヶ月程度と言われています。

ただ、グレードやオプションによって変動することもあり、最長1年ほどかかることも・・・。

 

新型ヴォクシーの最新納車情報は?

2022年1月の発表前の先行予約の段階で契約した場合でも5ヶ月近くかかっているとのこと。

また、新型ノアよりもヴォクシーの方が人気が高く、長納期化しています。
※トヨタ関係者への取材をもとに。

 

新型ヴォクシーの納期を早めるのは可能?

新型ヴォクシーは人気があり注文が多く発生するため、「こんなに待たないとなの?」と思うほど納期が遅くなる場合もあります。

 

しかし、納期を早める方法があります!

 

納期を早めるにはキャンセル待ちがおすすめです。

一度、発注をかけたものの、納期がかかりすぎるなどの理由でキャンセルする方も少なくありません。

しかし、発注してしまっているのでメーカーのシステム上では生産スケジュールに組み込まれています。

ディーラーとしてはキャンセルされた車を在庫に抱えるのはコスト的にも避けたいところ。

 

そこで、ディーラーでは同車種を検討している方に多少の値引きを上乗せして、キャンセル車を提案することがあります。

したがって、事前にディーラーにキャンセル待ちの意志を伝えておけば、優先的にキャンセル車が手に入るかもしれません。

 

そのほか、中古車を探す方法もあるでしょう。

ディーラーではなく他の自動車販売店が大量に買い付けを行い、未使用車として販売しているケースもあります。

その場合は色やオプション、グレードなどは選べませんが、すでに販売店に在庫としてあるのですぐに納車してくれるでしょう。

 

KINTOを利用するのもおすすめ!

新型ヴォクシーのはKINTOを利用してみるのもおすすめ。

KINTOを利用すれば契約から約1.5ヶ月〜2ヶ月ほどで納車されます。

 

新型ヴォクシーの納期は2023年までかかるかもしれないことを考えるとかなりの納期短縮が可能です。

 

そもそもKINTOとはトヨタの愛車サブスクリプションサービス。

車両代金や各種保険料、メンテナンス代金などがすべて月々の支払いに含まれます。

税金の支払いや保険加入など、面倒な手続きもKINTOが行ってくれるので、あまり車に詳しくない方も安心して利用できるのが特徴です。

 

KINTOであれば、定額で新車に乗れるのがメリットといえるでしょう。

お得に新車に乗りたい方には非常におすすめのサービスです。



 

KINTOは契約期間が決まっているので、最低でも3年間の契約が必要です。

3年以内に中途解約には違約金が発生するので注意しましょう。

ただし、解約料のかからないフリープランも用意されています。

 

通常よりも月額費用が高めに設定されていますが、違約金がかからないというメリットがあります。

 

 

まとめ

トヨタのヴォクシーはファミリーカーとして高い人気を誇っています。

新型ヴォクシーでは室内空間の快適さや安全性能がより進化しました。

 

さまざまな場面に対応した使い勝手の良さと高い安全性能カーライフを存分に楽しみましょう。

 

新型ヴォクシーは人気のある車のため納期が長くなる場合がありますが、キャンセル待ちやKINTOなどを活用すれば納期短縮が可能です。

 

すぐに新型ヴォクシーに乗りたい方はこれらの方法も検討してみてください。

-トヨタ, 新車情報