パーツ情報 車の豆知識

車中泊はどこでできる?車中泊が楽しめる場所についてご紹介!

Takayoshi Kyoda

Takayoshi Kyoda

静岡県静岡市在住。30歳を機に、新たな挑戦としてライティング業を始めた駆け出しライターです。自動車に関する記事を中心に恋愛や投資、お酒など幅広くライティングをしています。学生時代は教員の道を志すも、人生経験のつもりで就職した自動車関係の会社でモノづくりと車の楽しさに取りつかれ、現在も自動車業界に従事。自動車業界での経験を活かした専門的な知識から、必要不可欠な情報まで誰にでも分かりやすくお伝えすることを心掛けています。

近年人気の高まっているキャンプはコロナ禍以降、3密を避けられることから注目を集め、またたくまにブームとなりました。

これまでキャンプといえば、キャンプ場でテントを張り、料理やキャンプファイヤーを楽しむのが一般的でしたが、昨今は車中泊を楽しむというのが主流になりつつあります。

最近は車中泊を専用としたスペースも登場するなど、車中泊の人気は今後も高まりを見せそうです。

そこで、今回は車中泊ができる場所についての情報をたっぷりご紹介します。

 

キャンプ場での車中泊は可能?

キャンプ場

キャンプ場

キャンプといえばテントを張って自然の中で時間を過ごすことが定番ですが、そもそも車中泊が可能なキャンプ場はあるのでしょうか。

結論からいうと、キャンプ場での車中泊は可能です。

 

サイトに車で入ることができるキャンプ場を「オートキャンプ場」といい、ここであれば車中泊できます

オートキャンプ場は全国各地にあるため、少し車を走らせれば車中泊を楽しめるでしょう。

 

オートキャンプ場で車中泊をするメリット

車中泊 メリット

車中泊はオートキャンプ場以外でも楽しむことができますが、オートキャンプ場で車中泊をするメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

 

車の外で遊べる

道の駅やサービスエリアなどではタープやチェアを設置することは禁止されています。

しかし、オートキャンプ場であれば、車外にチェアやテーブルを広げて自然を見ながらくつろぐことができます。

キャンプの醍醐味は外の新鮮な空気を吸って自然を楽しむことですが、オートキャンプ場であれば実現できるでしょう。

 

火を使ったアクティビティができる

キャンプでの楽しみの1つにキャンプ飯があります。

道の駅やサービスエリアでは火を使った料理はできませんが、オートキャンプ場であれば料理を楽しむことができます。

さらに、焚き火など通常のキャンプと同じアクティビティもできるためアウトドアと車中泊を存分に満喫できるでしょう

 

必要設備が揃っている

駐車スペースさえあれば車中泊を行うことはできますが、トイレやシャワーなどの設備がなくて困るという方も多いでしょう。

とくにトイレはすぐに利用できないと健康にも影響があるため、欠かせない設備となります。

 

しかし、オートキャンプ場ならトイレやシャワーが完備されていることがほとんどです。

さらに、トイレとシャワー以外にもコインランドリーや電源も用意されていることもあるため快適にキャンプを行うことができます。

 

緊急時の避難場所になる

キャンプは自然を相手にするアクティビティとなるため、急な天候変化にも備える必要があります。

とくに注意したいのが雷雨です。

 

豪雨だとテント内に水が侵入してくるだけでなく、落雷のリスクもあります。

しかし、車中泊であれば急な雷雨でも車の中で安全に過ごすことができ、雨漏りや落雷からも身を守れるでしょう。

オートキャンプ場は初心者キャンパーや安心してキャンプを行いたい方におすすめの場所となります。

 

車中泊の注意点は?

車中泊 注意点

車中泊は初心者キャンパーや快適にキャンプを楽しみたい方におすすめです。

ただ、車中泊をする際にはいくつか注意しておきたいポイントがあります。

ここでは、車中泊の注意点について具体的にみていきましょう。

 

エンジンを切る

車中泊の際に最も注意しなければならないのが、エンジンのかけっぱなしです。

エンジンをずっとかけたままにしておくと、音が大きいだけでなく、環境にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

また、エンジンの音は想像以上に大きく、アイドリングの音で周囲の人に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

もちろん、排気ガスによって環境に悪影響を及ぼしているということは理解しておく必要があります。

 

とはいえ、エンジンをかけなければならないこともあるでしょう。

たとえば、電源を確保するためにエンジンをかけることがあります。

 

ただ、最近はポータブルバッテリーという車のエンジンをかけなくても電源を確保できる装備がたくさんあります。

車中泊では電源の確保が課題になりますが、そのようなときに備えてポータブルバッテリーを用意するようにしましょう。

ポータブルバッテリーがあれば車から電源を取る必要がなくなるため、車中泊を行う際は必須アイテムとなります。

 

オートキャンプ場以外の車中泊はどこがおすすめ?

車中泊 メリット

オートキャンプ場は車のままサイトの乗り込み、車中泊することができます。

しかし、もっと身近に手軽に車中泊を楽しみたいという方にはオートキャンプ場以外の場所を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

道の駅

道の駅

道の駅

道の駅はドライブの休憩や買い物、地域の情報収集スポットとして誰でも立ち寄ることができる場所です。

道の駅ではトイレやシャワー、売店などの設備が揃っているところもあり車中泊には最適な場所もあります。

ご当地グルメや名産品を楽しみながら車中泊をすれば、旅行気分も味わえていい思い出になることは間違いないでしょう。

 

しかし、道の駅は休憩場所としてのみ利用が許可されており車中泊を認めていないところが大半となります。

休憩場所として仮眠は認められているため、車中泊を黙認している場合もありますが長時間滞在する場合は道の駅HPで利用規約などを確認しましょう

 

RVパーク

RVパーク

RVパーク

道の駅は車中泊が認められていないところが大半とご紹介しましたが、車中泊を目的とした駐車スペースを用意しているところもあります。

 

それが「RVパーク」です。

 

RVパークは車中泊を前提とした有料の駐車スペースで全国に約240カ所あります。

トイレの完備はもちろん、入浴施設や観光施設が備わっているところもあります。

また、駐車スペース内であればテーブルやイスを設置することも可能なので外の空気を吸いながらゆっくりと過ごすこともできます。
(ただし、火気の使用は禁止)

 

料金は施設によって異なりますが、1泊500~5,000円ほどとなります。

快適にご当地の特産物を楽しみたいのであれば、RVパークでの車中泊も1つの候補になるでしょう。

 

まとめ

キャンプブームの中で新たに誕生した宿泊方法の車中泊。

テントを張って楽しむ宿泊方法からより快適に便利に過ごせる車中泊は人気を集め、車中泊を専用とするキャンプ場や駐車スペースも誕生するようになりました。

車は移動手段として私たちの生活の一部となっていますが、宿泊場所やもう1つの部屋としての新しい使い方も始まっています。

オートキャンプ場では自然を道の駅やRVパークでは旅行気分で車中泊を楽しむことができます。

キャンプ場やRVパークでカーライフの新しい楽しみ方である車中泊を是非一度、体験してみてはいかがでしょうか。

-パーツ情報, 車の豆知識