車の豆知識

自動車税はクレジットカードで支払える?お得に自動車税を支払う方法を徹底紹介!

Takayoshi Kyoda

静岡県静岡市在住。30歳を機に、新たな挑戦としてライティング業を始めた駆け出しライターです。自動車に関する記事を中心に恋愛や投資、お酒など幅広くライティングをしています。学生時代は教員の道を志すも、人生経験のつもりで就職した自動車関係の会社でモノづくりと車の楽しさに取りつかれ、現在も自動車業界に従事。自動車業界での経験を活かした専門的な知識から、必要不可欠な情報まで誰にでも分かりやすくお伝えすることを心掛けています。

車を所有している人は毎年5月に自動車税を納めなくてはいけません。

自動車税は、決して安くはないため負担に感じる人も多くいるはずです。

近年は、キャッシュレス化が進んでいることもあり、窓口やコンビニに行かなくても自動車税が支払えることをご存じでしたか?

今回は、その中でもクレジットカードを使ってお得に自動車税を支払う方法をご紹介していきます!

 

自動車税ってなに?

自動車税

自動車税とは毎年4月1日時点で自動車を所有している人に課される税金です。

軽自動車を所有している人は、自動車税ではなく軽自動車が課されます。

 

自動車税は都道府県税、軽自動車税は市町村税となりどちらも地方税の1つとなります。

自動車税と軽自動車税は4月1日から翌年の3月末までの1年分の税金をまとめて支払います。

 

自動車税はどれくらいの費用がかかる?

自動車税の特徴は総排気量に応じて金額が異なるのが特徴です。

また、2019年10月の税制改正により新車登録時期によっても金額が変わってきます。

各金額をまとめた表が下記となります。

排気量2019年9月30日以前に新車登録2019年10月1日以降に新車登録
軽自動車10,800円10,800円
~1,000cc29,500円25,000円
1,001cc~1,500cc34,500円30,500円
1,501cc~2,000cc39,500円36,000円
2,001cc~2,500cc45,000円43,500円
2,501cc~3,000cc51,000円50,000円
3,001cc~3,500cc58,000円57,000円
3,501cc~4,000cc66,500円65,500円
4,001cc~4,500cc76,500円75,500円
4,501cc~6,000cc88,000円87,000円
6,001cc~111,000円110,000円

 

自動車税の支払い方法は?

自動車税の支払い方法は、主に5つあります。

キャッシュレス化が進んだことにより支払い方法も増えてきました。

自動車税の5つの支払い方法についてご紹介していきます。

 

現金払い

自動車税の納付書を窓口に持参して現金で支払う方法です。

支払いができる窓口は、金融機関、郵便局、コンビニエンスストアなどがあります。

現金払いは、窓口に納付書を持っていくだけで支払いができるので簡単な方法ですが、事前に現金を準備しておく必要があります。

また、窓口やレジで待たされることがあるなど時間の掛かる支払い方法になるので、忙しい人にとってはデメリットがあります。

 

口座振替

口座振替は自分が持っている金融機関の預貯金から自動引き落としで自動車税を納付する方法です。

窓口に行く必要がなく、自動で支払いがされるため忙しい人には便利な支払い方法でしょう。

しかし、自動車税は地方税のため都道府県によっては口座振替に対応していない自治体もあるので確認が必要です。

 

電子マネー

コンビニで自動車税を納付する場合、クレジットカードで支払うことはできませんが電子マネーであれば対応していることがあります。

自動車税の納付に利用できる電子マネーはnanaco(セブンイレブン)とWAON(ミニストップ)です。
※2022年5月現在

しかし、税金の支払いは収納代行になるため、nanacoやwaonで支払いをしてもポイントは付与されません。

電子マネーの現金チャージにクレジットカードなどを連携させるなどして、クレジットカードのポイントを貯める方法などはあります。

 

スマホ決済

電子マネー

自動車税はスマホ決済アプリからでも支払いが可能です。

コンビニ納入用バーコードやQRコードを読み込むことで、いつでもどこでも自動車税の支払いができます。

支払いができる主なスマホ決済アプリは、下記となります。

  • PayPay
  • LINE Pay
  • d払い
  • au PAY

(※各都道府県により、使用できるスマホ決済アプリは異なりますので必ず確認するようにしてください)

スマホ決済アプリで支払う場合は支払い手数料が発生しません。

スマートフォンがあれば、すぐに支払いができるため忙しい人におすすめです。

しかし、スマホ決済アプリはここ最近導入された支払い方法のため、すべての都道府県で利用できるわけではなく、使用できるスマホ決済アプリも都道府県ごとに異なります。

利用前に各自治体で使用できるスマホ決済アプリを確認するようにしましょう。

 

クレジットカード

クレジットカード

自動車税はクレジットカードの支払いも可能。

クレジットカードでの支払いは利用代金の引き落としが翌月以降になるため実際の支払いを遅らせることができます。

そのため、手元に現金がないときは有効な方法となります。

また、クレジットカードのポイントも貯まるため自動車税を支払って、還元を受けられる点もメリットといえるでしょう。

ただし、クレジットカードの支払いでは決済手数料が発生してしまいます。

手数料は一律で設定している場合、税額によって段階的に手数料が変わる設定など自治体によってさまざまです。

手数料が気になる人は各自治体のホームページなどで確認をするようにしましょう。

 

自動車税をクレジットカードで支払うメリットは?

2016年の法改正により国税や地方税の納付方法が見直され、クレジットカードで納税ができるようになりました。

クレジットカードでの自動車税の支払いは納税の手続きが簡単だったり、ポイントがたまったりなどのメリットがたくさんあります。

 

ポイント還元

クレジットカードで自動車税を支払うと利用金額に応じてポイントを貯めることができます。

自動車税は高額な支払いにもなるため獲得できるポイントも多くなる傾向があります。

納税をしながらポイントも獲得できるので、クレジットカード払いはお得でおすすめな方法となります。

 

いつでも好きなタイミングで支払える

クレジットカード払いは自動車税の支払いのために金融機関やコンビニに出向く必要がなく、場所と時間を選ばず支払いができます。

パソコンやスマホがあれば、仕事が忙しい人や休日が不規則な人でもいつでも自動車税の支払いが可能です。

利便性の高さはクレジットカード払いの魅力の1つと言えるでしょう。

 

分割払いで資金繰りの調整ができる

クレジットカード払いでは支払いと実際に現金が手元から出ていくまでに時間的余裕があります。

そのため、手元に現金がない場合でも自動車税の支払いができるようになります。

 

また、リボ払いや分割払いも選択できるため1回あたりの支払い負担を減らすこともできます。

そのときの収支状況によって、支払い金額を調整できる点もクレジットカード払いのメリットです。

 

自動車税をお得に支払うには?

自動車税の支払いは金額的にも家計の負担になるため少しでもお得に支払いたいと思う人も多くいるでしょう。

自動車税の支払いにおすすめのクレジットカードをご紹介します。

 

自動車税の支払いにおすすめの楽天カード

楽天カードは日本のクレジットカード利用率トップを誇り、今や知らない人はいないというくらいメジャーなクレジットカードの1つです。

近年では、さまざまなサービスを楽天グループの利用に寄せる「楽天経済圏」でポイントを効率的に貯める人たちも増えてきています。

自動車税の支払いも楽天カードを使うことでポイントを貯めることができます。

楽天ユーザーの方にとっては、効率的に楽天ポイントを貯めるために楽天カードでの支払いはおすすめの方法となります。
(※税金支払いの還元率は、通常の買い物と楽天ポイントの付与率が異なるためHPで事前に確認するようにしてください。)

さらに、楽天プレミアムカードであれば、申し込み時にもポイントがもらえるので非常にお得といえるでしょう。

 

自動車税の支払いにおすすめのVisa LINE Payクレジットカード

「Visa LINE Payクレジットカード」はLINEポイントがお得に貯まるクレジットカードです。

電子マネーの「LINE Pay」とも連携が可能で獲得したポイントはLINE PayやLINEスタンプの購入などLINE各種のサービスで使用ができます。

ポイントの還元率も1%、クレジットカードの年会費も無料なので自動車税の支払いにはお得なクレジットカードとなります。

 

まとめ

5月にやって来る自動車税は金額も大きいため少し気が重い支払いになってしまいます。

しかし、近年のキャッシュレス化の流れに乗ることで負担になる支払いを少しでもお得にする方法があります。

また、これまでの自動車税の支払いは窓口に出向き、現金を用意する必要もありましたが、キャッシュレス化によりいつでもどこでも支払いが可能になりました。

クレジットカードを使うことによって、自動車税の納付を簡単に、便利に、お得にすることができます。

みなさんも今年の自動車税は、クレジットカードでの支払いを検討してみてはいかがでしょうか?

-車の豆知識