車の豆知識

ディーラー車検は高い?ディーラーで車検を受けるメリット、デメリットを紹介!

Avatar photo

Nuwa

新潟県在住のライター。本業であるトラックドライバーの合間にコソコソ文章を書いています。読者の皆様の「知りたい」をわかりやすい記事にしてお届けします。

車検の時期が近づいてくると、どこで車検を受けるかが悩みの種ですよね。

車検を受ける際の選択肢の一つにディーラーがあります。

ただ、ディーラーの車検は高いので、前向きに検討していない方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、ディーラー車検を受けないのは、実は損をしているかもしれません。

ディーラー車検には費用に見合うメリットが多くあります。

費用だけで判断せず、メリットとデメリットを見比べてから検討してみましょう。

 

車検を受けなければならない!

車のお持ちの方は、定期的に車検を受けなければなりません。

まずは車検の必要性を理解しましょう。

 

そもそも車検とは、国が定めた自動車の検査制度です。

法律により、車には安全基準が定められています。

車が安全基準を満たしているかを車検により確認し、走行の安全性を高めることがこの制度の目的です。

車が安全基準を満たしていれば、故障による事故や公害の発生を未然に防げます。

 

これらの理由により車を持っている方は定期的な車検が義務づけられているのです。

 

ディーラー車検は高い?

ディーラー車検は一般的に高いというイメージがあります。

しかし、具体的にどのくらいの価格になるのかがわからない方も多いのではないでしょうか。

ディーラー車検と他の業者での車検の価格の違いを表で比べてみましょう。

 

車検の価格は車の大きさによっても変わるのでそれぞれの場合で比較します。

ディーラー整備工場ガソリンスタンド車検専門店
軽自動車約67,000円〜約62,000円〜約43,000円〜約49,000円〜
小型乗用車約80,000円〜約79,000円〜約54,000円〜約60,000円〜
中型乗用車約89,000円〜約87,000円〜約63,000円〜約70,000円〜
大型乗用車約109,000円〜約107,000円〜約73,000円〜約80,000円〜

 

※交換部品等によって大きく変動する場合もあります。

 

ディーラー車検の費用はガソリンスタンドや車検専門店に比べて2〜3万円ほど高くなっています。

整備工場とはほぼ変わりませんが、ディーラーで受ける場合の方が若干高いことがわかります。

 

ディーラー車検のメリットとデメリット

ディーラー車検は他の業者よりも費用が高いことがわかりました。

それなら、価格に見合うだけの質は保証されているのか気になるところですよね。

ディーラー車検は高い費用に見合う数々のメリットがあります。

ディーラー車検を受ける場合の判断材料にしてください。

 

ディーラー車検のメリット

ディーラーで車検を受けるメリットは5つあります。

1.メーカーの知識が豊富にある

ディーラーは特定のメーカーに関して豊富な知識を持っています。

メーカーの特徴やそれぞれの車の個性を把握しているので、壊れやすい部分などを丁寧に見てくれるでしょう。

また、専用の点検器具を使用しているので点検の精度も非常に高いです。

 

2.質の高い整備が保証されている

ディーラー車検の特徴は質の高い整備が保証されているということが挙げられます。

特に走行に関わる安全性のテストは非常に綿密に行っています。

 

ディーラーが丁寧な整備や点検を行うのは車検の直後に問題を発生させないためです。

もしもディーラーで車検を行った車が、直後に故障してしまった場合、ディーラーの信用が落ちてしまいます。

つまり、雑な整備や点検で評判を下げないようにするためディーラー車検は整備の質が保証されているのです。

 

3.交換に使う部品は純正品のみ

ディーラーはメーカーの純正部品を保有しています。

故障した部品の交換は基本的に純正部品で対応してくれます。

もちろん、車の部品は純正品でなくても正常に動きますが、部品の不具合を未然に防ぐ上では純正品を使用した方が安心といえるでしょう。

ディーラーで取り扱っている部品は純正品に限られているので、部品交換の面で信頼がおけるポイントです。

 

4.メーカー保証を適用できる

メーカー保証を適用すれば費用を抑えられるでしょう。

メーカー保証とは、保証書があれば定期点検や特定の部品の修理を保証してくれるサービスの一つ。

車検は数年に一度、定期的に行う必要がありますが、その度に全額支払うのはかなりの出費です。

メーカー保証を利用すれば費用を修理費用などを抑えることができるので積極的に利用しましょう。

 

5.車検以外のサービスが充実している

ディーラーで車検を受けるとガソリン割引など様々なサービスを受けられます。

車検に限らずディーラーとの付き合いは大事にしましょう。

普段からディーラーと仲良くしておけば、新車の購入や下取りの際に融通を利かせてくれる場合があります。

 

ディーラー車検のデメリット

ディーラー車検には様々なメリットがありますが、デメリットも存在します。

1.費用が高い

ディーラー車検のデメリットは費用が高いことが挙げられます。

先ほど紹介したメリットの数々を実現しているためそれだけの費用がかかります。

車検の質は特に求めておらず、費用を安く済ませたい方にはディーラー車検は向いていません。

ただし、新車購入から初めての車検の場合は車検費用が安いので、ディーラーで受けることをおすすめします。

 

2.車検に時間がかかる

車検にかかる時間が長いこともディーラー車検のデメリットといえるでしょう。

ディーラーの車検は他の業者よりも丁寧に整備をするため、時間が長くなってしまうのです。

他の業者であれば一日もしくは数時間で終わるところが、ディーラーの場合は数日かかることもあります。

 

まとめ

ディーラー車検は質の良い整備をしてくれるのが最大の魅力です。

豊富な知識をもとに丁寧や点検を行ったり、部品交換には純正品のみを使ったりと、ディーラーの車検は信頼がおけます。

他の業者に比べて費用が高いことや車検に時間がかかることなどはデメリットですが、車を大事にしたい、きちんとした点検と整備を受けたい方はディーラーで車検を受けることをおすすめします。

 

-車の豆知識