トヨタ 新車情報

2021年デビューの新型アクア!その魅力とは?

risco

元自動車関係会社勤務。現在、Webライターとして日々奮闘中です。主にクルマ、グルメ、エンタメなどの執筆をしています。

2021年7月、トヨタ自動車より新型アクア(AQUA)がデビューしました!

 

アクアはトヨタの大人気ハイブリット専用コンパクトカーであり、発売から約10年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

今回は、目覚ましく進化した2代目アクアの魅力を紹介していきます!

 

トヨタアクアとは?

(※出典:トヨタ自動車 https://toyota.jp/aqua/gallery/?padid=from_aqua_top_navi-menu_gallery

プリウスのハイブリットな 技術と小型・軽量・高効率化を突き詰めた初代アクアは2011年12月にハッチバック型のハイブリット専用コンパクトカーとしてデビューしました。

「G」「S」「L」の3グレードを展開し、デビュー当時は世界トップレベルの低燃費を誇り、37.0km/Lを達成(JC08モード)。

初代アクアは年間国内販売台数で7年間上位5位に入るなど、爆発的なヒットを遂げました。

 

そして、2014年12月にアクア初のマイナーチェンジが行われ、洗練された内外装のデザインにプラスして、乗り心地や走行安定性が向上されました。

 

さらに、新しいグレードが追加され、クロスオーバー(SUV)スタイルの「X-URBAN」(エックスアーバン)も登場。

2015年の一部改良では安全性能が高まり、「S」と「L」はオプション設定となりましたが、上級グレードの「G」では、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス C」が標準装備となっています。

2017年に2回目のマイナーチェンジを実施。内外装をメインに先進的で安定感のあるデザインにアップグレードされました。

また、クロスオーバースタイルを進化させた新グレード「Crossover」(クロスオーバー)が登場したことで従来型の「X-URBAN」は廃止となりました。

2018年の改良では、トヨタセーフティセンスがオプション設定されるなど、安全性能の強化が図られました。

特に標準装備の安全機能の中で、注目されたのが衝突被害軽減サポートです。

たとえば、アクセルペダルを踏み間違えてしまったときに、衝突被害を軽減システムが導入されました。

 

そして、約10年ぶりにフルモデルチェンジをして2021年7月に2代目アクアは登場したのです。

 

新型アクアのスペックは?

(※出典:トヨタ自動車 https://toyota.jp/aqua/gallery/?padid=from_aqua_top_navi-menu_gallery

先代から引き継がれたコンパクト感と使い勝手の良いボディサイズ、シンプルで落ち着きのある内外装デザイン。

燃費は約20%向上し、35.8km/Lを実現しました。

停電や災害時にクルマから電気が取り出せる非常時給電モードやAC100V・1500Wのアクセサリーコンセントや最新の先進安全装備「トヨタセーフティセンス」も全車に標準装備しています。

この新型アクアでは新たに4WDモデルもラインナップされました。

プラットフォームは「TNGA GA-B」へ刷新。

高度なボディ剛性と静粛性だけではなく、安定感のある走行を実現しています。

ホイールベースが50mm伸びたことにより、リヤシートの居住性や荷室が拡大されました。

 

燃費性能と走行性能の両立を実現!

駆動用車載電池として、コンパクトで高出力な「バイポーラ型ニッケル水素電池」を世界で初めて採用しました。

先代アクアのニッケル水素電池に比べてバッテリー出力が約2倍に向上し、なめらかな加速に。

アクセル操作への応答性が向上したことで燃費性能と走行性能の両立を可能にしたものです。

多くの場面でエンジンを使わず電気だけで走れるように走行可能速度域が拡大されるなど新開発が進みました。

このバイポーラ型ニッケル水素電池を備えたグレードでは「快感ペダル」を搭載しており、アクセルペダルの操作だけで車速をコントロールし、アクセル・ブレーキペダルの踏みかえ頻度を抑え、ドライバーの負担を軽減しながらも思うままの走行を可能にしました。

 

おすすめグレードはなに?

(※出典:トヨタ自動車 https://toyota.jp/aqua/gallery/?padid=from_aqua_top_navi-menu_gallery

新型アクアのグレードは4種類です。

では、実際にグレードの違いを見ていきましょう。

 

Z

アクアの最上級グレード「Z」は、トップレベルの燃費と最上級の充実した装備や性能、高級感のあるエクステリアを最初から選びたい方におすすめです。

車両本体価格(税込) 2WD/2,400,000円 4WD/2,598,000円

 

G

「G」は「Z」と同様に高級感があります。

「Z」よりもシンプルな車種でありながら燃費性能は同じなので、少しでも購入費用を抑えたいという方におすすめです。

車両本体価格(税込) 2WD/2,230,000円 4WD/2,428,000円

 

X

ビジネスモデル「B」を除いた他のグレードのなかで「X」は、一番価格が安いので購入費用を抑えることが可能です。

燃費性能は34.6km/Lと「Z」「G」より優れていてトップレベルの低燃費と言えます。

車両本体価格(税込) 2WD/2,090,000円 4WD/2,288,000円

 

B

「B」はビジネスユース向きのモデルであるため、社用車としての使用を考えている方におすすめのグレードです。

一部の安全装備などはオプション設定となりますが、最低限の装備が搭載されています。

車両本体価格(税込)2WD/1,980,000円 4WD/2,178,000円

 

まとめ

新型アクアは従来型の小回りの利くサイズ感と運転のしやすさは変わらず、燃費や走行性能、安全性の高さが底上げされました。

乗り心地も良くなり、見た目は力強い印象もありながら穏やかさも感じられて安定感のある仕上がりとなりました。

アクアはデビュー当初から非常に人気が高く、新型アクアの売れ行きも期待できそうです。

 

-トヨタ, 新車情報